twitter Twitter not configured gradient

ERPはWeb-ERPがおすすめ

http://www.infocom.co.jp/grandit/casestudy/index.html近年は、企業の経営もIT化が進んでいます。
特にERPは、経営を効率化するために導入している企業が多いようです。
さらに、最近ではそのERPがweb上で利用できるものが登場し、非常に注目されています。

Web-ERPのメリットは、導入がとても簡単なこと、そして、インストールや更新の作業も簡単に済むので、管理者の手間を大きく省くことができます。
さらに、webベースなので、支店や支社などの会計や売上などのデータの更新がタイムリーに確認できるので、経営をより効率化できます。

これからの時代はやはりwebです。
これからERPを導入する企業は、是非、Web-ERPをご検討ください。
WEB-ERPを検討する際は、導入事例・パートナーシップ|Web-ERP|GRANDITのサイトを参考にすると良いでしょう。

GRANDITは、インフォコムが販売しているWeb-ERPで、既に多くの大手企業が既に導入していて、会計から在庫管理、人事、給与など、全てをオールワンでこなします。
その企業の経営システムに応じて、柔軟に対応できるので、向き不向きの業種はあまりないというのが大きなメリットでもあります。
是非、貴社でも導入をご検討ください。
まずはインフォコムに相談のうえ、事例をご覧になったり、体験セミナーなどに参加してみることをおすすめします。

世界の先端技術を搭載した工作機械なら愛知産業がお勧め

溶接機や切断機などの工作機械を扱っている愛知産業は、世界の先端技術を販売している会社です。
日本の工作機械も優秀ですが、各国で作られている工作機械も侮れません。
愛知産業は優秀な機械だけを扱っており、さまざまな加工に対応できる機械を提供しています。

愛知産業で注目すべき機械は、ドイツのハームレ社製である5軸マシニングセンタです。
5軸とは5軸加工機を意味し、XYZ軸移動の3軸加工機に2軸の回転軸がプラスされた加工を施します。
複雑な部品の加工に向いていて、多面加工を可能にした超高精度なマシンです。
人工骨の作成や航空宇宙部品などを加工する本体ベースと、人造石一体型フレームを採用した現在のハームレ社においての最高傑作とも言えます。
愛知産業で取り扱っているのはCシリーズと呼ばれるもので、C20・C30・C40・C42・C50・C60・B300・MTの9製品を扱っています。

ハームレ社のマシニングセンタ・工作機械販売の愛知産業|工作機械はこちら→aichi-sangyo.co.jp

もちろん、愛知産業で扱っているのはハームレ社製の製品だけではありません。
加工機・計測機器・産業機械など、それぞれの用途に応じた世界で最高品と言われている工作機械を扱っています。
スタッフは世界の先端技術を習得するために海外まで足を運んで知識の習得をしているので、各社に最適な提案とデモを行います。
現状の機械では加工が難しいと感じているのであれば、一度お問い合わせをしてみてください。

デスクトップ仮想化ならこちら!

近年、多くの企業から、デスクトップ仮想化への注目が高まっています。デスクトップ仮想化は、クライアントPCを仮想化するシステムのことですが、この技術を導入することで、さまざまなメリットを得ることができます。従来の物理環境では、それぞれ割り当てられたPCは独立していて、作成データやOSはひとつひとつ個別に存在していますが、デスクトップ仮想化をすることで、サーバ上に仮想マシンを設置し、個々のPCと対応させ、管理体制を効率化できるのです。

そこで、本日は「サーバ仮想化 | VMwareの仮想化・クラウド情報サイト – IT価値創造塾」をご紹介します。こちらでは、VMwareによる最先端のデスクトップ仮想技術を提供してくれます。

大きな特徴として、災害時の物理環境との対応力の違いがあげられます。従来の物理環境では、データやアプリケーションが個別に保存されているため、会社外でのPCによる業務遂行が困難になります。大きな災害により、交通機関の停止や電力不足などの理由から、オフィスへ向かえないときもあるでしょう。しかし、VMwareを導入していれば、社外でも業務パフォーマンスを保つことができるのです。

詳細はこちらです。
http://vmware-juku.jp/whatsvirtualization/desktop/index.htmlデスクトップの仮想化